三次元測定機は素人でも簡単に活用することが可能

女性

導入における重要ポイント

男女

三次元測定機は、立体の測定対象の寸法を測定できる装置で、製造業の開発部門では必須の機器となっています。選定のポイントは、対象物の特徴・測定精度・価格がありますが、多関節アーム式と非接触型が対象物の大きさの制約を受けにくくなっています。

作業時間の短縮になる

男の人

複雑な形状を簡単に測定

三次元測定機は、機械部品などの複雑な形状を立体的にとらえて測定できる機械です。従来それらの複雑な立体部品を測定するには、投影機などの操作に技術や慣れが必要な機械を使わなければならず、さらに測定に時間がかかるといったデメリットがありました。しかし、三次元測定機は対象となる部品を自動的に測定できるため、技術や慣れが必要なく、誰でも簡単に測定することが可能というメリットがあります。また、初期はプローブという鉄やセラミックなどの球体で製品を測定する接触式のタイプのものでしたが、レーザーや光を用いて測定できる非接触式のタイプも増えています。非接触式のタイプのものは、測定する部品に直接触れる必要がないため、小さな傷などをつけてしまう心配がいらないといったことが魅力です。そんな三次元測定機ですが、業務用のものは小型の部品を測定できるものから、自動車産業向けのような大きなものを測定できるものまで様々な種類があります。そのため価格もばらつきがあり、廉価な据え置き型のもので40万円から50万円程度、大きな高性能のものになると1,000万円以上します。三次元測定機導入後は、従来の測定方式に比べると部品の測定時間が短縮されるので納期の短縮化も可能。測定したデータもパソコンに取り組むことができるので3D-CADなどのデータとして利用でき、開発部門などへのフィードバックの作業も簡単になります。誰でも精度の高い測定ができ、作業時間などが大幅に減少できるため、納期の短縮となるので導入するメリットが高いです。

モバイルレンズの測定

婦人

三次元測定機は、高精度測定や高いデータ処理能力を自動化で行います。そのため、高精度なレンズ形状や、カメラモジュールの偏心低減にも対応できます。需要の高いモバイルレンズにおいて、三次元測定機の活用で、測定の効率化も実現します。

三次元の形状を測定する

男の人と女の人

三次元測定機とは、製品などの三次元的な形状を測定する機器のことです。接触式と非接触式の二種類の方法があり、非接触式にも、光学式とレーザー式の二種類があります。これらの三次元測定機は、製品の評価や研究開発に有用です。