三次元測定機は素人でも簡単に活用することが可能

作業員

導入における重要ポイント

男女

広い測定対象への対応

寸法を測定することができる三次元測定機に注目が集まっています。対象に対して立体的な測定が可能で、製造業の開発部門では必須となってきた装置です。また、測定のみならず演算機能を持っているものもあります。さらに、測定データの記録も可能です。その測定方法は大きく二つに分けられます。接触式と非接触式というものです。文字通り接触するタイプの接触式とは対照的に、非接触式ではレーザーなどが用いられます。その用途は様々で、自動車に使用されるような部品の精度を測定する際にも利用できます。また、3Dプリンタ用のデータ作成も可能で、低コストで簡単に試作品を製作するといった活用も可能です。三次元測定機の選定のポイントは、まず、対象物の特徴から選ぶことです。形状や材質に注目することはもちろん、サイズも押さえておきたいポイントです。作業場にフィットするサイズかどうかは、導入する際には大切なポイントとなります。さらに、測定精度についても1mm単位から0.0001mm単位まであります。価格についても、ノギスやマイクロメータは非常に低コストで三次元測定は可能ですが、精度や機能に応じて500万円〜2000万円程度まであります。実際に選定する場合、広い測定対象の物へ対応していることが理想です。機器本体も大きくすることで測定対象の大きさの制限も受けにくくなります。一方、その手段では価格も高くなり維持費用の負荷が大きくなります。そこで、最近注目されているのが、多関節アーム式の三次元測定機です。持ち運びできるという手軽さと自由にアームを動かすことができるので測定範囲が大きく広がっています。非接触型も大型対象物の測定に適しており、三次元測定機の導入においては重要な条件になっています。