三次元測定機は素人でも簡単に活用することが可能

作業員

モバイルレンズの測定

婦人

測定の高精度化

スマートフォンは進化し続けており、搭載されるカメラは年々高性能化しています。そのため、モバイルレンズに対する要求も高まっています。高精度なレンズ形状や、カメラモジュールの偏心低減などの要因で、測定できないものはつくれません。そういう場合に三次元測定機は活用できます。三次元測定機では、レンズ後斜傾部をさらに高精度測定でき、しかもコンパクトで優れた作業性を備えています。また、測定や校正の自動化による高いデータ処理能力も特徴です。三次元測定機の高精度化の事例としては、上りと下りのデータ不一致の低減です。これによって、さらに正確に最適半径と形状誤差を評価できます。また、測定エリア全域で高精度測定が可能となっています。三次元測定機は本体がコンパクトなものの多く、かつ優れた作業性も備えているため、低フットプリントが実現できます。これによって、研究所や工場の省スペース化を推進につながるのです。また測定物や治具の設置調節の効率を高めることもできます。測定や校正の自動化による高いデータ処理能力に関しては、三次元測定機を使用することで、高速でかつ正確に行えます。今後ますます増えるモバイルレンズの評価を、測定の効率化によってサポートします。校正作業の自動化は、測定精度維持を手軽に実現できます。測定物にフォーカスすると、その後はプログラミングした校正項目を選択するだけで、自動的に測定と校正値算出を行います。